2021年5月のオプションWindows Update(Windows 10 バージョン2004、20H2、21H1のみ)

2021年5月のオプションWindows Update(Windows 10 バージョン2004、20H2、21H1のみ)

本記事について

本記事は、2021年4月29日に配信されたオプションのWindows Update(リリースC)について記載したものです。
本更新プログラムは、2021年4月の品質更新プログラムとは別のものになります。

Windows 10 21H1、20H2、2004ーKB5003214 (OS ビルド 19041.1023、19042.1023、19043.1023)

ハイライト

  • この更新プログラムをインストールするとタスク バーのニュースと関心 が利用できるようになる。  
  • ニュースと関心のホバー改善で、誤操作が改善される
  • 「ニュースと 関心」 メニューに 「ホバー時に開く」 オプション(既定でオン)を追加
    「ニュースと関心」を右クリックすることで修正可能
  • タスク バーにピン留めされている電話アプリを開けない問題を修正
  • タッチ デバイスが複数のモニターでマウスが動作しない問題を修正
  • デスクトップからファイルを削除すると、デスクトップに削除したものが表示される問題修正
  • 外部のHDRディスプレイから組み込みの非 HDR ディスプレイに切り替えるときに、ビデオ再生が失敗する現象を修正
  • 立体音響を有効にするときに、立体音響効果を実感できない問題を修正
  • 立体音響を有効にし、USB ヘッドフォンでオーディオを使用すると、Bluetoothでノイズが発生する問題を修正
  • ユーザーがGPS情報が得られない問題を更新します。

更新された内容

  • ジャスト イン タイム (JIT) 動作に不具合があった現象を修正
  • タスク バーに固定されている電話アプリをユーザーが開けなくなる問題修正
  • runasコマンドを使用するときに、Win32 アプリが開かなくなる現象を修正
  • “BlockNonAdminUserInstall” グループ ポリシーが有効になっているときに、Win32 アプリが開かないくなる問題を修正
  • タスク バーにピン留めすると、プログレッシブ Web アプリケーション (PWA) アイコンが空白となる問題を修正
  • セッションが終了する前にメモリがうまく管理されない問題を修正
  • 複数のモニターの状況でタッチ デバイスがシリアル マウスとして動作しない問題を解決
  • 起動時に「設定」ページからテキスト「デバイスの設定を完了しよう」が予期せず表示される問題を解決
  • デスクトップから削除した後に、デスクトップに削除したものが再表示される問題を解決
  • 設定ページの表示設定グループ ポリシーが “showonly:ms-settings:easeofaccess-mouse” に設定された後に、ユーザーが 「マウスの設定」ページを表示できなくなる問題を解決
  • セーフ モードで Web サインインが有効になっている場合にユーザーがサインインできない問題を解決
  • Active Directory (AD) 管理センターで、多数の組織単位 (OU) またはコンテナー オブジェクトが一覧表示され、PowerShell 文字起こしが有効になっている場合にエラーが表示される問題を修正
  • スクリーン リーダーが間違った UI 情報を報告する原因となる問題を修正
  • グループ ポリシーを使用して BitLocker 暗号化を自動的に適用できない問題を解決
    ※マスター ブート レコード (MBR) アクティブ ブート パーティションを持つ外部ドライブで発生してた
  • PKU2U で、クラスタ ノードのメモリ不足を引き起こすメモリ リークの問題を解決
  • 自動操縦リセット コマンドの送信後の処理に時間がかかりすぎる問題を解決
  • クライアントが別の仮想 LAN (VLAN) に移動した後に、Windows 動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サーバーが DHCPv6 クライアントにリースを提供しきれない問題を修正
  • タスクの “次のネットワーク接続が使用可能な場合にのみ開始する” 条件を設定すると、タスクが正常に動作しない問題を修正
  • 外部ハイダイナミックレンジ(HDR)ディスプレイから組み込みの非HDRディスプレイに切り替えたときにビデオの再生が失敗する問題を修正
  • 立体音響を有効にするときに、立体音響効果をサウンドに適用できない問題を修正
  • 立体音響を有効にし、USB ヘッドホンBluetooth使用する場合のノイズの問題を解決
  • タッチ入力またはペン入力を使用しているときに RemoteApp ウィンドウがちらつく、または別画面に映る問題を解決
  • 新しいドメイン コントローラを昇格させ、Active Directory のごみ箱機能が有効になっているときに、レプリケーションが無限に発生する問題を解決
  • GPS のすべての設定が正しく有効になっていて、デバイスに位置情報センサーが含まれている場合でも、ユーザーが地理的な位置情報を受信できない問題を解決
  • Azure 仮想マシンが企業の DNS ゾーンに対して更新される場合に、A レコードと PTR に DNS 更新プログラムを登録できない問題を修正
  • ローカル キーボードで入力された文字や Windows クリップボードから貼り付けた文字が、RemoteApp によって断続的に重複する可能性があるタイミングの問題を修正
  • 拡大鏡の問題を解決し、マウスを動かすとマウス ポインタが画面を飛び回る問題を解決

確認されているエラー

症状①

日本語の Microsoft 入力システム (IME) のユーザーは、ふりがなの入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、不正確なふりがなになります。

①の回避策

問題、回避策の手順については、現在Microsoft 社が取組中とのことです。

症状②

Windows 10のバージョン1809以降のデバイスを、機能更新プログラム適用し、バージョンアップすると、システム証明書やユーザー証明書が失われることがあります。
対象端末は、2020年10月の月例更新プログラムを適用していない、Windows 10のバージョン1809以上をバージョンアップする場合です。
WSUS環境やSCCM(MECM)環境でも発生します。
※Windows Updateを自動で適用している環境は、問題ありません。

②の回避策

以前のバージョンに戻す(リストア)必要があります。
しかし、アップグレードの10日~30日までで、リストア日の期間変更は以下のコマンドで設定することができます。

DISM /Online /Set-OSUninstallWindow /Value

症状③

更新プログラムインストール後、ゲームが通常よりも低いパフォーマンスになることが発覚しています。
この問題の影響を受けるユーザーは、ゲームの全画面モード、枠なしウィンドウ モードで、2つ(デュアル)以上モニターを使用している環境で発生します。

③の回避策

既知の問題のロールバック(KIR)で改善されます。
本機能の適用範囲は、通常のPCと非管理対象のPCで、最大で 24 時間以内に自動的に適用されます。
PCを再起動することで、KIRを早めに適用することが可能です。

症状④

5.1chオーディオを利用している環境にて、特定のオーディオデバイスやWindowsの設定を行うと、甲高いノイズが聞こえることがあります。
ただし、ステレオを使用する場合には発生しません。

④の回避策

この問題を軽減するには、以下の2点で直るか試してください。

  • ビデオやオーディオを、アプリで再生するのではなく、Webブラウザーや別のアプリで再生する
  • メニューバーの音量アイコンを右クリックして、「立体音響(オフ)」を選択し、立体音響の設定を有効にします。
    ※立体音響により音が変に聞こえる可能性があります

更新履歴

2021年5月19日 初版作成

参考URL