Microsoft社製品のライフサイクルについて

Microsoft社製品のライフサイクルについて

本記事について

本記事は、Microsoft社製品(WindowsやEdge、Officeなど)のライフサイクル、およびライフサイクルポリシーについて記載したものです。

ライフサイクルポリシー

Microsoft社製品のライフサイクルは、利用可能な期間です。Microsoftのライフサイクルは、製品のライフサイクルを通じて、一貫性のある予測可能なガイドラインが提供されています。利用者はサポート期間に向けて計画を立てつつ、今後のIT投資とITインフラを計画することが必要となります。
さて、ライフサイクルポリシーは、大きく2つに分けられます。「モダンポリシー」と「固定ポリシー」です。

モダンポリシー

モダン ライフサイクル ポリシーは、継続的にサービスとサポートが提供される製品、サービスが対象です(主にクラウド系サービス)。 このポリシーは、以下条件を満たすことでサポートが受けられます。

  • サービス要件、システム要件に従って、最新の状態を保っている
  • ライセンスがを所持していること
  • 問い合わせ時点で製品、サービスのサポートを提供している

モダンポリシーの変更通知

モダンポリシーの製品とサービスは頻繁に更新が行われます。そこで利用者に通知する必要があります。

モダンライフサイクルポリシーの対象となっている製品、サービスは、利用者の運用に大きな障害を回避する必要があるため、Microsoft社のポリシーに従い、30 日以上前に通知されることになっています。またプレビュー製品を除き、モダンライフサイクルポリシー製品は、後継の製品やサービスを提供せずにサポートを終了する場合、12 か月以上前に通知されます。

今後のリリースについては、以下のロードマップを参考にしてください。

固定ポリシー

固定ライフサイクル ポリシーは、ベンダー購入、VL(ボリュームライセンス)を通じて購入されたもので、以下のサポートを提供します。

  • 10 年間のサポート (5 年以上のメインストリーム サポートと5年間延長サポート)。ただし最新の更新プログラムを適用する必要あり
  • コンシューマー向けおよびマルチメディア製品の場合、5年間のメインストリーム。ただし、サービスパック適用のこと

メインストリーム サポート

メインストリーム サポートは、製品ライフサイクルの第1段階です。 サポートされているサービス パックレベルの製品、サービスのメインストリームサポートには、以下が含まれます 。もちろん、オンプレミス製品のサポートを受ける場合、ライセンスが必要になります。Windows Serverを利用している場合、製品ライセンス以外にも、CALが必要になります(※CALがない場合、サポートが受けられない可能性あり)。
CALの詳しい内容は、こちらを参考にしてください。

  • インシデントサポート(無償インシデント サポート、有償インシデント サポート、1 時間ごとに課金されるサポート、保証期間のサポート)
  • セキュリティ更新プログラムのサポート
  • セキュリティ以外の更新プログラムを要求

※有償サポートは、大体1時間7,8万円でした。正確な金額ではありません。

ちなみに、Windows 10のサポート期限についてまとめた記事がございます。詳しくはこちらを参考にしてください。

延長サポート

延長サポートは、製品ライフサイクルの第2段階です。延長サポートは、大体がメインストリームサポート内容です。 サポートされているサービスパック レベルの拡張サポートには、以下が含まれます。

  • 有償サポート(※無償サポートが利用できる場合あり)
  • セキュリティ更新プログラム(追加料金は不要)
  • 一部の製品で、統合サポートの利用者がセキュリティ以外の修正プログラムを要求できる機能。

サービスパック

Microsoft社のソフトウェアを更新するべく、既知の問題に対する更新プログラムと修正プログラムがリリースされます。これらの修正プログラムは、インストール可能な単一のパッケージ (これがサービスパックと呼ばれます)に定期的に組み合わされます。ソフトウェアのメインストリームサポートと延長サポート両方で、サポート(セキュリティ更新プログラムや DST 更新プログラムを含む)を受けるために、サービスパックをインストールする必要があるのです。

  • 新しいサービスパックがリリースされると、Microsoft社は、製品ファミリ (Windows、Office、サーバー、開発者ツールなど)に応じて、12 か月もしくは24 か月のサポートを提供する
  • サービスパックのサポートが終了すると、Microsoft社は、そのサービスパックの新しいセキュリティ更新プログラム、DST更新プログラム、またはその他のセキュリティ以外の更新プログラムを提供しなくなる
  • 製品のサポートが終了すると、その製品のすべてのサービス パックのサポートも終了する
  • サービス パックのサポートは、製品内で一貫的
  • Microsoft社は、新しいサービスパックをリリースした際、以前のサービス パックに関する特定のサポートタイムラインを公開している

Microsoft社は利用者に、製品の最新で最も安全なバージョンにするべく、完全にサポートされているサービス パックを適用することを推奨しています。

ライフサイクルの検索

ライフサイクルの検索は、次のサイトから行えます。
※ライフサイクルは2020年8月に移行されますので、「新」をお気に入り登録してください。

更新履歴

2020年8月18日 初版作成

参考URL