Office 365 Office Client 情報

Microsoft Officeにて32bit、64bitどちらを使うか問題

2020年4月27日

本記事について

本文章はOfficeの企業における導入時に、32bit、64bitどちらを使うするべきか問題を記載したものです。
※この記事により、何か不具合や障害が出ても一切保証はできません。
※Qiitaから再掲、加筆あり

Microsoftの推奨値

Office 32bit、64bitを選定するにあたって、企業が最も気にするべき点は、Microsoft(以下MS)が推奨している値はどちらかということです。
早速MSが推奨している値はどれか確認します。

Office365・2019

インストール プロセスを始める前に、明示的に 32 ビット版を選択しなければ、64 ビット版の Office が自動的にインストールされます

https://support.office.com/ja-jp/article/64-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E7%89%88%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF-32-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E7%89%88%E3%81%AE-office-%E3%82%92%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%99%E3%82%8B-2dee7807-8f95-4d0c-b5fe-6c6f49b8d261#32or64Bit=%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3

Office2016

インストール プロセスを始める前に、明示的に 64 ビット版を選択しなければ、32 ビット版の Office が自動的にインストールされます。

https://support.office.com/ja-jp/article/64-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E7%89%88%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF-32-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E7%89%88%E3%81%AE-office-%E3%82%92%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%99%E3%82%8B-2dee7807-8f95-4d0c-b5fe-6c6f49b8d261#32or64Bit=Office_2016

Office2013

Office 2013 には、インストールできるバージョンが 2 つあります (32 ビット版と 64 ビット版)。 その他のほとんどのアプリケーション (特にサード パーティ製のアドイン) とより互換性のあるため、ほとんどのユーザーの方に 32 ビット版をお勧めします。 ただし、特に複数のブロックで構成される情報やグラフィックスを使用している場合は、64 ビット版を検討してください。

https://support.office.com/ja-jp/article/64-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E7%89%88%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF-32-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E7%89%88%E3%81%AE-office-%E3%82%92%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%99%E3%82%8B-2dee7807-8f95-4d0c-b5fe-6c6f49b8d261#32or64Bit=Office_2013

Office2010

Office 2010 は、Office で 32 ビット版と 64 ビット版の両方が提供された最初のリリースです。 Office で自動的にインストールされるのは、32 ビット版です。 ただし、どちらのバージョンが適しているかは、どのように Office を使用するかに応じて異なります。 32 ビット版の Office で使用している特定のアドインがある場合は、64 ビット版の Office では動作しない可能性があり、またその逆も同じです。 心配な方は、新しくインストールする前に現在のバージョンの Office をご確認ください。 64 ビット版の Office を使用したアドインのテストを検討するか、ベンダーまたは開発元から 64 ビット版のアドインが提供されているかどうかを確認します。

https://support.office.com/ja-jp/article/64-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E7%89%88%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF-32-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E7%89%88%E3%81%AE-office-%E3%82%92%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%99%E3%82%8B-2dee7807-8f95-4d0c-b5fe-6c6f49b8d261#32or64Bit=Office_2010

上記からわかる通り、Office 2010・2013では完全に32bitを推奨と記載されています。
以前、MSがTechnetにMSが投稿していた記事にも32bitが推奨値と記載されていたことは確認しております。
しかし、Office 2016になり、推奨値とは記載せずにデフォルト値を記載する方式に変更されました。

Office 2019・365に至っては64bitがデフォルト値で記載されていることがわかります。

実際にMicrosoftに問い合わせてみる

実際にMSに問い合わせを行いました。
(あくまでMS社のサポートセンターに問い合わせた内容ですので、MS社が公式に発表した内容ではないということをご承知おきください。)

現在までのモダンPCや市場に出回っているPC事情から、メモリは8GBが実装されていることが多くなっている。そういった状況を鑑みて、Office365・2019に至っては、64bitが推奨値である。
また、32bitは今後MS社が運用しなくなる可能性はある。
ただし、32bitがなくなる保証はできない。公開情報にもアップはしていない。

という回答をもらいました。

MSLearn という Microsoft 社の学習コンテンツにて、64 bit が将来性のある選択である記載を確認しました。
※この記載により、64 bit 以外はサポートされないと示唆しているわけではありません。

一部のアプリケーションは 32 ビットまたは 64 ビットのどちらかでコンパイルされたバージョンのみを使用できますが、それ以外の Microsoft 365 Apps などのアプリケーションでは、32 ビットと 64 ビット ネイティブの両方のコンパイル済みコードが提供されます。
新しいデバイスで強化されたコンピューティング機能と RAM を利用するには、32 ビットの依存関係 (デバイスおよびアプリの準備手順の間に検出されます) がない限り、64 ビット版を使用します。
Microsoft Office を含む、すべての 64 ビット版アプリでは、最高のパフォーマンスが提供され、最も将来性のある選択になります。

Office と LOB アプリの配布の概要 - Learn | Microsoft Docs

Microsoft社のドキュメントから理論的に32bit 64bitを選択する

理論的にOffice 32bit 64bitを解決する方法もあります。

64bit

  • 複雑な計算や、処理のかかるVBA、互換性のない64bitVBA
  • 大きな画像や動画を用いたプレゼンテーション
  • 2GBを超えるProjectを処理する場合
  • 自社開発アドインや3rdパーティーの64bitアドインを使用している場合
  • 大きなDBを用いたAccessや64bitにしか対応していない旧Accessを使用している場合

32bit

  • 互換性のない32bitアドインを使用している場合
  • 互換性のない64bit VBAを使用している場合
  • Outlook 用の 32bit MAPI アプリケーションがある場合
  • 32bit OLE サーバーまたはオブジェクトをアクティブ化している場合
  • SharePoint Server 2010 を使用していて、[データシートで編集] ビューが必要な場合32bit 版の Microsoft
  • Accessなが32bitしか対応していない場合
  • 従来の数式エディターや Word の WLL (Word アドイン ライブラリ) ファイルが必要な場合
  • PowerPoint プレゼンテーションに古い埋め込みメディア ファイルがある場合

筆者の考え

終わりに、私が思うOffice の推奨値は、自社内に開発・もしくは以前使っているDB・VBAなどがある場合、互換性を最大限注意し、ベストプラクティスを選択するべきです。
ただし、新規でインストールするなら迷わず64bitです。MS社の見解もありますし、現在PCのリソース(メモリ)も最低8GB以上が多いです。

そのため、新規に Office 365 をインストールするならば 64bit でいいと思います。

いよいよ32bitも少数派になっていくと思います。

更新履歴

2019年7月8日  初版作成
2020年4月27日 Qiitaより再掲。文言を修正
2020年5月22日 windows 10 のOEM用32bitサポート停止を追記

-Office 365, Office Client, 情報
-, , , , , , ,