Windows 10 バージョン20H2へアップグレードしてみた

Windows 10 バージョン20H2へアップグレードしてみた

本記事について

本記事は、Windows 10 のバージョン20H2へアップグレードした記事です。まだ自動更新は開始されておらず、当方もWSUSからアップグレードしました。

Windows 10 2004については、こちらを参考にしてください。
2020年10月21日、ついに20H2の一般公開されましたね。こちらを参考にしてください。

概要

Windows 10 の2020年10月あたりに配信される新しい機能更新プログラムは、バージョン20H2に決定しました。
※本更新プログラムは、October 2020 Updateという名前に決まり、こちらに詳細が記載されています。

バージョン 20H2 は、現在バージョン 2004 を実行しているデバイス向けの有効化パッケージとして配信されます。以前のバージョン1903から1909への更新時と同じとのことなので、そこまで更新の遅さや、「更新適用中」のダウンタイムは感じないと思います
※2004⇒20H2からの更新のみ、早くなります。1903や1909⇒20H2は通常通りの機能更新プログラムの遅さになります。

バージョン 20H2 は、Windows Update、WSUS、Azure Marketplaceか、ISO ファイルのダウンロードにて入手できます。Beta版、Insider Preview版を利用している環境では、自動的にで起用されるとのことでした。

さて、バージョン 2004 から20H2への更新は、バージョン 1903から1909 への更新と同様に同じシステムファイルセットの共通コアオペレーティング システムを使用しています。再起動は通常数回起こる機能更新プログラムとは異なり、1 回のみです。更新によるダウンタイムも短縮されます。

WSUSからWindows 10 20H2を配信する

実際に、当方の環境でも、WSUSを用いてインストールを行ってみました。

①WSUS管理コンソールからは、「Windows 10 Version 20H2 x64 ベースシステム2020-08の機能更新プログラム(有効パッケージを使用)」という内容を承認しました。

Windows 10  Version 20H2 x64 ベースシステム2020-08の機能更新プログラム(有効パッケージを使用)

ちなみに、windows 10 Version 20H2 の機能更新プログラムは、WSUS上では、「Windows Insider Pre-Release」の製品となります。

Windows Insider Pre-Release

②クライアント側では、ダウンロードが始まり、インストール。
スペックはまあまあ良いスペックを利用しました。インストール完了(適用から再起動)まで30分もかかりませんでした。

クライアント側では、ダウンロードが始まり、インストール

③インストールし、再起動後、「winver」にて、バージョンを確認したところ、1909や2004といったバージョンニングではなく、20H2でした。

20H2

※ちなみに20H2 からは、Chromium Edge のインストールもついているようです。
Chromium Edge については、こちら

↓こちらが2004をインストールした直後のホーム画面

2004をインストールした直後

↓2004から20H2 をインストールした直後のホーム画面
ちなみに、20H2はChromium Edgeが自動でインストールされています。上図には、旧Edgeがインストールされていますが、下図はChromium Edgeですね。
Chromium Edgeについては、こちらを参考にしてください。

20H2 をインストールした直後

スタートタイルも少し変わってました。

スタートタイル

更新履歴

2020年9月14日 初版作成
2020年10月5日 Chromium Edgeについて追記
2020年10月15日 WSUSにて見える、20H2について記載

参考URL