Windows 10 バージョン 21H1を初期インストールしてみた

Windows 10 バージョン 21H1を初期インストールしてみた

本記事について

本記事は、Windows 10バージョン21H1をISOファイルで初期インストールしてみた記事になります。製品化されているPCを初期設定しているわけではありません。
21H1の情報については、別の記事にまとめましたので、こちらを参考にしてください

Windows 10 バージョン21H1の概要

Microsoft 社は、Windows 10の20h2に続く次の機能更新プログラムは、「バージョン21H1」であることを公表しました。
現状Microsoft 社は、半年ごとの機能更新プログラムのサイクルを継続することを示唆しており、2021年の上半期の機能更新プログラムは、有効化パッケージであることも示唆しました。
有効化パッケージについて、過去の2004→20H2における事例は、こちらの記事の「概要」を参考にしてください。

有効化パッケージは、月次更新プログラムと同じように、品質向上のための更新プログラムとして利用されます。
つまり、過去に配信されたバージョン2004から20H2への更新時の配信方法と同じになるということです。Windows 10バージョン21H1では、セキュリティ、リモートアクセス、その他品質向上を目的とした更新プログラムになります

設定画面

①起動すると「お住まいの地域はこちらでよろしいですか?」が起動されるので、「日本」を選択後「はい」をクリックします。

②「キーボードレイアウトはこちらでよろしいでしょうか?」は「はい」をクリックします。

③「2つ目のキーボードレイアウトを追加しますか?」は「スキップ」をクリックします。

④「ネットワークに接続しましょう」は「次へ」をクリックします。

⑤「設定する方法を指定してください」では、「組織用に設定」をクリック後、「次へ」をクリックします。
※この端末はエディションがProであるため、組織用にしています。

⑥「Microsoftアカウントでサインイン」は「代わりにドメインに参加する」をクリックします。

⑦「このPCを使うのは誰ですか?」には、管理者名のアカウントを記入し「次へ」をクリックします。
その後このPCにログインするためのパスワードを入力します。

⑧「このアカウントのセキュリティの質問を作成します」でアカウントのパスワードを忘れた場合のセキュリティ質問を入力し、「次へ」をクリックします。

⑨「デバイスのプライシー設定の選択」にて各設定を行い「同意」をクリックします。
この設定はすべて「いいえ」でも良いと思います。

⑩「Cortanaによる作業の支援を許可する」にて、「今は実行しない」をクリックします。

⑪すると少し経ち、デスクトップが起動します。
デスクトップ画面では、「Microsoft EdgeでWeb閲覧」が起動されるようになります。

ちなみにスタート画面ではこのような画面になっています。
アイコンとかも変わっていますね。

初回のWindows Updateはこのような感じになっています。

更新履歴

2021年5月19日 初版作成