Windows Updateのセーフガードについて

Windows Updateのセーフガードについて

本記事について

本記事は、Windows Updateのセーフガードについて記載したものです。
恐らくですが、Windows 10 バージョン2004の配信についても、Windows Updateのセーフガードにより、配信されないと考えております。

セーフガードホールド

Microsoft社では、Windows利用者による品質と互換性のデータを使用し、Windows 10 の機能更新プログラム適用失敗を特定しています。
Microsoft社は、配布するバージョンにて(機能更新プログラム)適用失敗確認すると、更新プログラム配布を保留し、影響を受けるデバイスへの更新プログラムをインストールされるのを防ぎます。

またMicrosoft社の検証・調査によって重大な影響を及ぼす問題(適用失敗、データの損失、インターネットへの接続不可、ブルースクリーンなど)が確認された、もしくは回避策がすぐに確認できない場合にも、セーフガードが適用されます。

セーフガードは、既知の問題を持つデバイスが新しいバージョンを提供されるのを防ぐことが目的です。その問題のバージョンの修正が見つかり、検証されると、配信されるようになります。

セーフガードの期間は、新しいバージョンの問題調査と修正に必要な時間によって変わります。セーフガード期間は、マイクロソフト社は、修正プログラムの開発、検証を行い、修正プログラムとして影響を受けるデバイスに提供します。
Microsoft社は、セーフガードを解除する前に修正が完了したことを確認するために品質と互換性データを監視します。
セーフガードを解除すると、Windows Update は対象の端末に新しいバージョンの機能更新プログラムを配信再開します。

セーフガードは、更新プログラムに Window Update サービスを使用するデバイスにのみ影響します。他のチャネルを通じてデバイスの更新プログラムを管理する IT 管理者 (メディアのインストールや Windows Server Update サービスからの更新など) は、環境にも存在する可能性のある既知の問題を認識し続けることをお勧めします。

セーフガードの影響

IT 管理者は、Desktop Analyticsを利用し更新対応にて、組織内のデバイスのさまざまな更新正常性を確認することができます。

Windows Update (ポリシーにてWindows Update を管理していない環境)では、「Windows Update」ページにデバイスの準備ができていないことを示すメッセージが表示されます。
※これはよく話している画面ですね。

ちなみにこのメッセージが表示された場合、1 つ以上の何らかの不具合があり、デバイスに影響を与えます。
その問題が修正され、更新プログラムをインストールしても安全な場合は、セーフガードが解除され、更新プログラムが自動に配信されます。そのタイミングまで、手動適用は避けるべきです。

セーフガード中はどうするべきか

問題が解決され、自動で機能更新プログラムがリリースされるまで、手動で更新することは推奨されないです。

MDMツールを利用し、ポリシーを適用することでセーフガードを解除することも可能です。
ただし、解除した場合、既知のパフォーマンスの問題により、デバイスが起動しないなどの不具合に陥ることがあります。実施する前に、十分なテストを完了してから実施することを強く推奨します。

更新履歴

2020年10月27日 初版作成

参考URL